運営について

いのちのまなびのわは、参加する保護者と先生で協力して運営します。保護者は運営に責任を持ち、教育者は教育に責任を持ち、お互いに協力し合います。
子どもたちの授業の時間に、保護者は運営について話し合います。

保護者は、運営・会計・手仕事・おやつ・野外活動などの係りをそれぞれ担当します。毎回のクラス開催にあたっては、会場設営・季節のテーブル・教材の手配・活動の記録、などの作業を分担します。それぞれの家庭の事情や、体調なども考慮し、お互いに助け合って活動していきましょう。

 

また、日頃より以下のような点を心がけたいと思います。

・安心して送迎できるように時間的な余裕をもって準備をしましょう。

・欠席が決まっているときは早めに連絡しましょう。

・子どものその日の健康状態や、配慮すべきことは朝のうちに他の保護者や先生に伝えましょう。

・送迎が難しい時、活動に同伴できないときは、助け合いましょう。

・大人同士が親しく助け合う姿を見て、子どもたちも安心します。よく話し合い、親しく交流しましょう。

・授業でまなんだことや活動で体験したことを、家庭でも話し合ったり、深めたりする機会を持ちましょう。

 

・お問い合わせ・連絡先
manabinowa@aso3.org