シュタイナー教育について

シュタイナー教育とは、オーストリア生まれの哲学者、ルドルフ・シュタイナー(1861~1925)の提唱した教育です。

シュタイナーは、自然科学と精神科学を有機的に総合した「人智学」を樹立。人間存在の中に、成長しつづける意志と叡智が潜んでいることを洞察したシュタイナーは、自覚的にみずからを成長させつつ、社会に寄与しようとする人間の育成を目指す教育を提唱しました。
その主な特色は、7年ごとの周期で捉える子どもの成長過程に即した、芸術的かつ体系だったカリキュラム 、知・情・意を総動員し、愛をもって世界と人間の本質を学び取る授業形成にあります。
20世紀初めに最初のシュタイナー学校(自由ヴァルドルフ学校)がドイツに生まれて以来、学校数は増え続け、2012年には全世界で1000校以上となりました。
また、シュタイナーの理念は、教育以外の様々な社会的実践の場(医療、農業、経済など)でも生かされ続けています。

まなびのわでは、シュタイナー教育に基づいた、教科のエポック授業を鈴木裕子先生にご担当いただき、その教育観を日本の風土のなかにとりいれた手仕事や季節の行事を保護者がになって活動しています。