月別アーカイブ: 2014年4月

4月12日(土)はじまりの日

いよいよまなびのわも2年目にはいりました。

たくさんの新しいお仲間を迎えることができて本当にうれしいですね。
この地に集ってくれたみなさんに本当に感謝します。
子どももおとなも共に学び多き一年となりますように。2014年4月12日(土)
午前10時。今年のまなびのわがスタートしました。にぎやかな声がフォークスクールに集ってきました。
久しぶりの顔、ちょっと知ってるけど誰だっけ?の顔。恥ずかしがり屋も、ニコニコの人もみんな手をつないでおおきなおおきな輪になり、
♪ここへ〜きてよ〜日の光よ〜 ♪
たくさんの笑顔の明るい歌声が校庭に響きました。フォークスクールの周りを散歩に出発。未だにさくらが散っていない阿蘇にもたくさんの春を見つける事ができました。
花大根の紫色の可憐な花を摘もうと引っ張ったら、!!大根がでてきた!! 初めての子どもには驚きの出来事です。畑の物が山に、、、。
さっそく収穫作業がはじまりました。根元からぶっつり切れてしまうものもあって、がっかりの子もいました。まあまあ、これからこれから。
お次はつくしんぼです。かご一杯のつくしに大満足。
今日の晩ご飯にしようか。と、野草料理のレシピ交換に話が弾む母親達。
こどももおとなも自然から学ぶことは尽きませんね。フォークスクールに戻り、個々の季節のテーブル作りに挑戦です。持参したかごや花瓶に「春の恵み」が飾られました。
春、夏、秋、冬。季節ごとにここで見つける事が出来るものに思いを巡らせてもみました。

それからお弁当タイム ♪〜葉と茎 根っこ 実と花よ あなたの恵み いただきます〜♪
新しいメンバーの方々の手の込んだ料理に感動しました。料理に自信のない私には本当にうれしいランチタイムです。これからも愉しみにしています♡
春の野草や野菜をつかった栄養たっぷりのメニューが勢揃いです。貧乏な我が家では野菜も買えず、野草を常食しておりますが、ここでレパートリーを広げて家族にも喜んでもらえそうです。ありがとう。

ランチの後にはよもぎ団子作り。米粉と餅粉?とをブレンドし総量2、8キロ以上の粉をこねます。(ちょっと多すぎじゃ、、?笑)
手につく感触を楽しみ、摩られたよもぎの緑も淡くやさしく加えて、よもぎの香りを感じ、、、。あ〜春の香りだな〜。この季節ならではのわくわく感ですね。やっぱり春が好き。

いよいよ「はじまりの会」のはじまりです。♪わが春の女神よ〜
裕子先生にひとりづつ名前を呼ばれて着席する子どもたち。恥ずかしそうにくねくねしている姿がかわいい〜。
新しい子達のやんちゃな姿に、昨年の我が子を思い出し、また成長したなと頼もしくも感じました。冠をかぶせてもらった天使たちの美しい笑顔にうれしさが満ちあふれる教室でした。

おひさまが、植物動物そして人間である私たちに光を与えてくれるように、私たちもみんなにあたえられる人に。仲間に。そんなクラスにしましょうね。と裕子先生がお話してくださいました。きっとここに集ったみんなはそうあれることでしょう。

先生からのものがたり。アメリカにずっとずっと昔から住んでいたスカジット族の長老バイさんのお話。
ことばで分かり合えない民族同士がかけ声ひとつで力を合わせて心をひとつに、成し遂げるお話でした。メディアに翻弄されて大事な事を見失いがちな現代の大人達へのお話のように感じました。

裕子先生から、昨年参加の生徒達ひとりひとりに物語のプレゼントがありました。(涙)
帰宅後我が家ではもう、何度も何度もよみました。目を閉じて物語の中に入って夢を見ているようなきがしてきました。本当にずっと大事にしたい宝物がまた増えましたね。

2年生以上の子どもたちの発表『いち』。久しぶりだったはずなのにちゃんと覚えていましたね。大きな声で堂々と発表ができました。
どんな気持ちで新入生達は聞いていたのかな?
母たちの発表も、笑をさそって、、。ただ笑うしかない感じでしたね。お手玉、うまくなるぞ。一緒に頑張りましょうね。

外に出てお団子タイム。
花より団子の小さな子とは反対に、小学生達は「わーーーー!」と校庭に飛び出していきました。新入学新学期が始まって疲れが出るかと思いきや、どこまでもいつまでも走っていられる子どもたちがまぶしくて、うらやましくて、懐かしくみえました。
子どもたちはすごいもので、もう新しいお友だちの名前をすっかり覚え、ゴッコ遊びを展開して居ます。あまにゃん先生の学校で算数や漢字の授業が行われ、そこへ男の子達のゴミ収集車がやってきたり、幼稚園の先生がかやちゃんで、小さい子たちの面倒をみたり。子どもたちのコミュニティが出来上がってきているところが本当に楽しそうで、、。
ここで出会った人たちとこれからの長い人生を共に助けあって生きていってほしいですね。それを大人はしっかり見守っていきたいですね。

最後に羊毛が配られました。昨年も同じ場ではじめて刈られた羊毛を手にした時の記憶がよみがえりました。これでこれから何をするの?わくわく!わ〜ふわふわ〜♡。わー臭ーい。あれから一年経ったのですね。

ここまでの集いに作り上げてくれたゆかりん、あけるちゃん、裕子先生、ここに集う、みなさん。ありがとう。1年経った事を実感して感謝の気持ちがこみ上げてきました。
ふつつかものですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
新しいメンバーの皆様、人見知りが激しい私ですが明るく努めますのでどうぞよろしくお願いします。

2年生 北村彩蓉(きたむらさよ)の母の北村嘉代子 でした。

 

3月29日(土)新年度のための会★ありがとうございました

いのちのまなびのわ に
つながるみなさま

3月29日、新年度に向けてのお話しの会が無事に終了しました。
参加くださったみなさま、さまざまな形でサポートくださったみなさま
どうもありがとうございました。

朝早くの集合で大変だったことと思いますが
みなさん無事にお集まりくださって安心しました。
みなさんの元気なお顔を拝見できて本当に嬉しかったです。
御協力どうもありがとうございました!

朝はまずはじめに、
子どもも大人も、自分の名前を名札に書いて
全員で輪になって座りました。

お母さんお父さん、兄弟姉妹たちも混ざって大人数で教室はいっぱい、
今日一日一緒に過ごすみんなの顔がよく見えて、ワクワクしてきました。

子どもたちと一緒にお散歩に行ってくれるお父さん方の
とても楽しい自己紹介に、子どもたちはもう大はしゃぎ。
賑やかな笑い声であふれました。

今日のスケジュールを確認した後、
子どもはお散歩へ、大人は、話し合いに、と別れました。
新一年生たちも、みんな母さんたちと離れることができて
頼もしかったですね。

お父さんたちの楽しいサポートのおかげで
子どもたちは雨の中のお散歩を心から楽しんだ様子でした。
雨の音を聞いたり、泥んこで滑ったり、雨にぬれる花のつぼみを観察したり・・
雨の楽しさを存分に味わうことができたようです。
お父さんたちの御協力、本当にありがとうございました!

いろんな年齢の子どもたちがいるなかで、
大きい人は小さい人を手伝って、
小さい人は、大きい人を頼って、

お互いを自然に助けあう子どもたちの姿がすてきでした。

少しずつお友だちの名前も憶えられて、
これから一緒に遊べることが楽しみになってきましたね。
裕子先生を囲んでの大人の話し合いも
とても意義深い時間となりました。
ここにいらっしゃるまでの、みなさんそれぞれの
生活の環境や、子どもとの接し方に関する考え方、
また現在、困難や疑問に感じていることなどを聞きあうことができて、
ぐっとお互いへの理解が深まりました。
シュタイナー教育の考え方からさまざまな発見をしていけるのが楽しみです。
そして、子どものこと、生きること、いのちのことについて
様々な話し合いをしていきたいと思います。
「おとなのまなびのわ」が楽しみですね。

午前中のプログラムが終わって

お散歩から帰ってお腹のすいた子どもたちと
お待ちかねの持ち寄りランチ。
とっても賑やかで、楽しいお昼ご飯になりました。
舌鼓を打ちながら、早速レシピの話題で盛り上がるのは
さすが日々のお料理を頑張るお母さん方(^^)
どうぞ無理ない一品持ち寄りを楽しんでいきましょう。
そして、自分たちでも野菜やお米を育てていきましょう。

子どもも、大人もそれぞれに充実した一日になり、
新年度にむけてのとてもよいはじまりとなりました。
みなさんの御協力に重ねて感謝いたします。

4月12日は、いよいよ
入学式と始業式をかねた
「はじまりの会」となります。
活動の詳細については

新年度参加ご希望のみなさまにご連絡いたします。

◆◆新年度参加ご希望の方で
まだ参加のご意思をお伝えくださっていない方は
manabinowa@aso3.org まで以下をご連絡ください。
<お子さんのお名前・生年月日・年齢・学年
保護者の名前・電話・住所  兄弟姉妹の名前と年齢>
4月7日までにご連絡いただけましたら幸いです。

また、新年度からの参加にご興味をお持ちで
今後の体験や見学をご希望の方は、お問い合わせください。

みなさまとご一緒できますことを
心より嬉しく思っております。

いのちのまなびのわ