カテゴリー別アーカイブ: おとなのまなびのわ

2015年7月10日(金)おとなのまなびのわ「魂の栄養=ストーリー手リングの魅力をさぐる」ご案内

新年度が始まって2か月。

いのちのまなびのわでは、今年度も体験授業やはじまりの会、田植えや田んぼの草取りなどの活動を月1~2回のペースで開催しています。

レポートが追い付いていませんが><少しずつアップしていきますね!

今日は、今年度最初の「おとなのまなびのわ」のお知らせです。
大好評により、今年度もさらに展開していきます。

参加者の皆さんの熱心な取り組みと、興味深いシェアリングで、
子育ての疑問から、自分の人生を見つめる手助けにもなる、お話の旅。
毎回、新たな発見にあふれる充実した内容が
日々の暮らしに、生き方にじんわりと染みてきます。

ぜひご一緒しませんか。
毎回、これまでの体験をシェアします。
どなたでも、どの回からでも参加できます。
ご参加を心よりお待ちしております。

。+゜*。゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚。+゜*。゚
おとなのまなびのわ
「魂の栄養=ストーリーテリング(素話・お話)の魅力をさぐる」
+゜*。゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚。+゜*。゚

・日時:7月10日(金)10:00~12:30
・参加費:1,500円
・場所:大津オークスプラザ研修室3(JR肥後大津駅 徒歩2分)
お申込み:manabinowa@aso3.org
参加希望人数、お電話番号をご連絡ください。
折り返しご連絡いたします
・主催:まなびのわ


◆今回のテーマは、「ファミリーヒストリーに耳を澄ましてみよう」

家族の歴史を聞くことは、子どもにとって、大きな意味があります。
おじいちゃんおばあちゃんのお話しと
今、ここに生きている自分とのつながり。
それは、深いところから世界を見つめるまなざしを育み
これから未知の世界へと漕ぎ出してゆくその子の育ちの支えとなるでしょう。

どんな小さなエピソードでも構いません。
眠っている思い出を紐解いてみましょう。
聴くことのできる人は、ぜひ聞き取りにトライしてみてください。
お話にできる人はお話にしてみてください。
みなさんの持ち寄ったファミリーストーリーに耳を傾け、
浮かび上がってくる思いに心を澄ましてみましょう。
そこから物語をつむぎ、子どもたちと、家族と分かち合ってみましょう。

◆講師紹介:鈴木裕子(すずきひろこ)
栃木県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤務。小さな児童図書出版社の編集長として”奮闘中”に病を得て退職。
1995年渡英。翌年サセックス州にある「ザ・スピーチ・スクール」(現「アルテミス」)で言語造形と演劇を学び2000年卒業。
同年エマーソン・カレッジに入学し、シュタイナー教育やストーリー・テリングを学ぶ。2003年9月8年ぶりに帰国し、現在熊本県の大津町在住。シュタイナー教育講座や語りの公演・ワークショップ等を行う。2013年4月より、「いのちのまなびのわ・シュタイナー教育にまなぶ土曜クラス」の講師として、1・2・3年生のための授業を毎月二回、阿蘇フォークスクールにて担当。


▼過去の活動の記録はこちら
http://manabinowa.aso3.org/?cat=3

子どももおとなもみんな大好きな「おはなし」。
私たち人間は、その歴史がはじまりから
様々な「おはなし」とともに生きてきました。
「おはなし」はなぜ私たちをこんなに惹きつけるのでしょう。
なぜ私たちは「おはなし」を必要とするのでしょう。
そして「おはなし」にはどんな力が潜んでいるので
しょう・・・?

鈴木裕子先生に道案内いただきながら
「おはなし」の本質を見つめていきます。

*子どもとの暮らしの中で気軽にお話を創り、楽しむこと。
*子どもの気質や向き合っている課題にふさわしい
お話を見つけたり、創ること。
*子どもたちの生きる力、愛する力、想像=創造力を
お話を通して育てること。
*絵本を読んだり朗読することこととお話のもたらすものの
違いの体験。
*バースデーストーリーの創り方。
*お話のもつ力を借りて、子どもも大人も幸せになること。

そんなことをテーマにしながら、みんなでご一緒にお話の深い泉をのぞいてみましょう。テーマに沿って連続で開催していますが、単発でも参加できます!

10月2日(木)☆おとなのまなびのわ☆活動報告

おとなのまなびのわ 2014年10月2日

「魂の栄養=ストーリーテリングの魅力をさぐる」第一回

 

<はじめに参加者のみなさんの自己紹介>

ストーリーテリングやお話しについて思うこと、体験談、知りたいことなどを共有しましょう。

 

・まなびのわの裕子先生のお話しで、素話やストーリーテリングを初めて体験した。

・絵のない本は初めてだったけど「おはなしのろうそく」を読んでみたら子どもはとても気に入って聴くようになった。絵がなくても楽しめる。

・子どもの頃、親に昔話をしてもらった思い出がある。話は思い出せないが「話してもらった」という記憶

・忙しいと本を読んであげられる時間がとれない

※裕子先生から松岡享子さんの本の紹介「お話 おとなからこどもへ」

・ようちえんなどで、子どもたちの間に起きた事件などについて、お話で伝えることができたら、

・以前、裕子先生の提案で昼間起きたことをお話にしてみたらとても集中して聴いていた。いつもは母親の言うことが右から左に抜けていく感じだけど、心にとどまった印象があった。(授業の時の印象も異なった感じ。中心が定まった感じがしましたby裕子先生)

・もりのようちえんの活動中、その自然の風景の中で、子どもに語ることができたらいいなと思う。(もりのようちえんでの自然体験のなかに、芸術的なものやイマジネーションを取り入れていくといいかもしれない。体験を消化していくちからになるby裕子先生)

・子どもが小学生になったとき地域の語り部の人のお話に出会って感動した。熊本でも聴くことができてすばらしかった。

・お話を覚えるのが大変、お話を作るコツを知りたい。

・小学校の読み聞かせのときに、創作のお話をプレゼントしてあげたい。

・熊本子どもの本の会で聴かせてもらったものを、家に帰って子どもに向って再現したら、子どもと一緒にエキサイティングな体験をした。

・昔話の中やわらべうたなどのなかに込められ、蓄えられている先人の想いや知恵を受け継いでいきたい。

 

<お話しのちからとは>

・シュタイナーのメルヒェン論より

昔話や神話は、人類が昔体験した深いところからきている。人間の深淵につながる体験が語り継がれてきた。(参考文献「千の顔を持つ英雄」ジョゼフ・キャンベル)

靈学(精神科学)は目に見えない世界を学問の対象にする。客観的な規律によってその体験がない人にも伝えることができる。自然科学と同じアプローチでその確かさを検証していっている。

シュタイナーのメルヒェン論:プリント参照

メルヘンは魂のふるさとで起こっていたことに対してのあこがれ、つながりを感じる力を育てる。

例)スタートレック(大ヒットしたアメリカのSF作品)は神話の構造を取り入れていた。

 

民族心理学がとりあげている原子民族の神話の例

シュタイナーのアカシャ年代記(宇宙創世の歴史)に登場する

人間がまだ体を持たない時代、

原太陽のとき今の地球は太陽の一部だった。分離するまでの間あたりの時代のことを語り継いでいる。

 

例)べてるの家 べテル=逃れの地

 

現代社会や普段の暮らしでは封印されている神的世界につながる感覚を呼び覚ます

 

<Spontaneous storytelling>へのアプローチ

「内発的な」語り(内側から湧き出てくるストーリーテリング)

 

ある日、子どもがやっていたこと(事実)だけを「言葉にする」。

ディテールをくみ上げながら、気が付いたことを言葉にしてゆく。評価しない。教育的な指導を入れない。お母さんが自分の一部始終を「見ていてくれている」という思いを伝える。

やさしい気持ち、やさしい声で語る。

 

坂本さん、山口さん、池田さんからの宿題の発表

 

大きな体験(死の体験のような)を消化するときにもストーリーテリングは力を発揮する。

 

毎晩子どもに話をしてみる。

周りの人の様子も取り入れる。人々の暮らしへの共感。

夢見るだけでなく、実生活を送っている人々への共感、愛情、よろこびをもって受け入れる。

共感を持って世界と出会ってゆく。周囲の世界への愛が育てる。

 

<Q&A>

Q.11歳の男の子(6年生)にはどのように?

最近口数も少ない。サッカーに夢中。朝が起きられない。

  1. 変声期(初潮)の頃は、身体が重く感じられるようになり眠気が増える、心も重くなる。

偉人伝の要素を取り入れるのもよい。憧れている人(サッカー選手?)の話(エピソードなど)などでもいいかもしれない、短い話がかえって印象に残ることもある。

親族の話もファミリーヒストリーとして語りついでゆく。

 

  1. 子どもの問題行動にはどのように?
  2. 気質に応じた対応が必要。次回のお楽しみに!

10月2日(木)☆おとなのまなびのわ☆参加者募集

日時:10月2日(木)10:00~12:00
場所:大津オークスプラザ 研修室3

〒869-1233 熊本県菊池郡大津町大字大津1220-1
参加費:まなびのわ会員800円 一般1000円
image-4

テーマ
「魂の栄養=ストーリーテリング(素話・お話)の魅力をさぐる」

子どももおとなもみんな大好きな「おはなし」。
私たち人間は、その歴史がはじまりから
様々な「おはなし」とともに生きてきました。
「おはなし」はなぜ私たちをこんなに惹きつけるのでしょう。
なぜ私たちは「おはなし」を必要とするのでしょう。
そして「おはなし」にはどんな力が潜んでいるのでしょう・・・?

鈴木裕子先生に道案内いただきながら
「おはなし」の本質を見つめていきます。

*子どもたちとの日々の暮らしの中で気軽にお話を創り、楽しむこと。
*子どもの気質や向き合っている課題にふさわしい
お話を見つけたり、創ること。

*子どもたちの生きる力、愛する力、想像=創造力を
お話を通して育てること。
*絵本を読んだり朗読することこととお話のもたらすものの違いの体験。
*バースデーストーリーの創り方。
*お話のもつ力を借りて、子どもも大人も幸せになること。そんなことをテーマにしながら、みんなでご一緒に
お話の深い泉をのぞいてみましょう。
参加者のみなさんとの対話を大切に、
12月までの3~4回の連続講座になる予定です。
単発での参加もできます。

 

おとなのための「まなびのわ」
どなたでも参加O.Kです。
「まなびのわ」ってっどんな活動?
「シュタイナー」ってどんな感じ?
大人が知ること、まなぶことで広がる世界があります。
参加希望の方はメールに以下の必要事項を記入の上、どうぞお気軽に
ご連絡下さい。

お名前
ご連絡先(メール・電話)
ご住所
お子さんがいらっしゃる場合はお子さんの年齢

manabinowa@aso3.org

7月15日(火)☆おとなのまなびのわ☆

  (午前の部)

裕子先生による4つの気質まとめ

image-4

自分と子ども(家族)の気質を自己分析して憂鬱(青)、胆汁(赤)、多血(黄)、粘液(緑)の色分けをして表現してみようという宿題がでていたので、それを各参加者から発表。他者からはどう映っているか等意見も聞いたりしました。各気質を色で表現することで視覚的、また具体的に捉えることが出来たと思います。4つの気質といってもその割合、バランス、色見は各自様々でとても興味深い表現発表でした。
image-3

そして次に裕子先生からは各気質に合った(その気質を否定しないでより良い活動に導く)フォルメンを教えて頂き、その気質の気持ちになって各自ノート等に描いてみました。
image-2

多血:上下の動き(ニョロニョロみたいなフォルムを連続して描いてみる)
線は開放されていて閉じない
(因みに私は多血のフォルメンが一番楽しく自由に描けました)

憂鬱:涙(ティアドロップ型)、線対称(反転)
知覚と思考が結びつき難い
(私にとっては難しかったです…、しかし見るのは好きです。美しいなとおもいました。)

胆汁:心の動きは中心点から外に出ていく(放射)のでフォルメンも中心点から外に出ていく5本の線を描く

粘液:強い中心点が無いので緩やかな曲線で調和を図る

各気質に調和するフォルメンを描くのは自分がその気質でなくとも擬似的に雰囲気を味わう感じがしてどれも楽しんで描くことが出来ました。

又各気質の子に対する各気質の親との相性や対処法がチャートになったプリントを頂きました。(ゆかさん、このプリントを貼付出来ますか?)

(午後の部)
NZ 在住羊毛フェルト作家あやさんによるワークショップ
image-7
バイタリティ溢れるあやさんに引き込まれる様に直ぐに皆さんうちとけ、和やかな雰囲気の中ワークショップが始まりました。

とても綺麗に染められた様々な色の羊毛からエンジェル、子ども、フェアリーなど希望の物を作りました。エンジェルの羽などは中々形に成らないと苦心しましたが、これがあやさんの手にかかるとあ~ら不思議、とても可愛い羽が出来上がりました♪
image-8
時間が許せばもっとずうっと作っていたかったです。

 

6月23日(月)☆おとなのまなびのわ☆

オークスプラザにて

紫陽花の飾られた部屋で、裕子先生は、私達に子ども達に話しかけるように話され、フォルメンの授業が始まりました。

手を眺め、「手は何のためにあるのかな?」
…「生きるため。」
…「料理するため。」
…「絵を描くため。」

先生が黒板に上から下へ直線を描かれました。生徒一人一人が前に出て、直線を体験しました。

エポックノートを広げ、好きな色を塗り、直線と曲線を描きました。ゆっくりと上から下へ下から上へと。
次に螺旋を外から中心へ、中心から外へゆっくりと描きました。
葉のような形のフォルメンも皆さん集中して取り組まれていました。
それぞれの個性が出ていました。

ちょっと外へ出て、4つの気質になりきって、歩きました。難しく感じたり、簡単だったり、持っている気質で感じ方が全く違うようでした。

気質の話は、主に粘液質についてでした。
粘液質の子どもは、穏やかでのんびりを好む。ゆっくりでも進歩しているから、マイペースな事を理解してあげると良い。たくさんの子どもと遊ぶ機会を作ってあげることが必要。朝は、早く起こして、冷たい水で顔を洗わせるとよいとのことでした。

子どもが好きな色をカーテンにすると、補色を内側に作ってバランスがとれるそうです。

*宿題*
エポックノートに円を描いて、憂鬱(青)・胆汁(赤)・多血(黄)・粘液(緑)で自分と子どもの気質を色の濃さや塗る広さで表してきて下さい。

うまく文章にできなかったので、分からない方は聞いて下さい。
補足あったら、お願いします。

6月9日(月)☆おとなのまなびのわ☆

気質のお話を聞きました。(シュタイナーでは気質を見なさい、とよく言われる)
まず、気質は遺伝なのか、その子独自の「精神」なのか、では、どちらも真で、その二つが交わるところにその子の気質が表れているとのこと。

そして4つの気質についての表を学習。 →プリント参照してください。
火 胆汁質の子 未来に関心がある。
風 多血の子  今楽しければHappy おしゃべり
水 粘液質の子 感情があらわれにくく 無関心 体を動かすのがつらい 3年寝たろう
土 憂鬱質の子 昔はよかった、とよく言う
(また、シュタイナーでは、輪廻転生が言われていて、たとえば、現生で多血の子は、前世で閉鎖的な社会、人間関係の中にいたので、現生では、前世とのバランスをとるために多血を選んだのだ、と考えられる)
各々、自分の子供がどういう気質なのかのお話もしながら、進みました。
年代でもっている気質についてもお話があり、
こどもは多血の要素
若者は胆汁の要素
大人は憂鬱の要素
老人は粘液の要素があるとのこと。
<どう対処するか?>
胆汁質の子(ものをひっくり返したりする子)には。。。
うまくチャレンジさせる「難しいけどできるかな?」とのせる。
こどものやっていることに反応せず、無関心にふるまう。
「自分が知ってる乱暴者がどうなったか」を話して聞かせる。ことばで落ち着いて話して伝える。
多血質の子 すみません、ちょっと聞き損ねました。
粘液質の子 感情が表に出てこないので、大人がその子の内面に興味を持つ。ただ、興味を持っているということを見せない。
憂鬱質の子 多様なものに目を向けさせる。
ひろこ先生から、好きな色紙をひいてください、と折り紙がまわされました。
赤→胆汁質
黄色→多血
緑→粘液質
青→憂鬱質
たとえば、オレンジ色を選んだら、多血の要素もある胆汁質とか
黄緑色えらんだら、多血の要素もある粘液質とかだそうです。

2月17日(月)☆おとなのまなびのわ☆

。+゜*。゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚。+゜*。゚
へいじつ・おとなの・まなびのわ
のご案内
+゜*。゚+o。。o+゚♡゚+o。。o+゚♡゚。+゜*。゚

2月17日(月)10:00~14:00
熊本県菊池郡大津町 オークスプラザにて

毎日の子どもの育ちを見守るなかで気になることから
世界でおきていることまで、
みんなで話し合い、思いを分かち合う、おとなのまなびのわを囲みましょう。

第一回のテーマは、
「テレビやゲームが子どもに与える影響について」

”友達が観ているから。みんなが持ってるからー”
みなさんのお家ではどうしていますか?
時間を決めたり、番組を選んだり、家族で約束を設けているお家もあると思います。

”でもホントはもっと学校や友達のことも聴きたいし、いろんな話をしたいのに・・・”
子どもはテレビやゲームに夢中になってしまうと、話しができないまま寝る時間になってしまって、もどかしい思いをしていることもあるかもしれません。そもそも、テレビなど映像やデジタルなメディアは子どもにどのような影響を与えているのでしょうか。シュタイナー教育の見地から鈴木裕子先生のお話もうかがいながらみんなで考えてみたいと思います。また、電子的な情報と比べて、ひとの語る「ものがたり」には
どのような力があるのでしょうか。昔話に秘められている智慧にも迫りたいと思います。こちらも、裕子先生のご専門ですので、洞察に満ちたお話を伺いながら、みなさんとじっくり深めてみたいと思います。

たっぷりお話しして頭を使った後は、お弁当を食べながら感想をシェアしましょう。いのちを育むまなざしを育て合う、おとなのまなびのわへ、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。(手作りのお菓子とお茶もご用意しています♡)

・日時:2月17日(月)10:00~14:00

・会場:大津オークスプラザ 研修室
http://www.town.ozu.kumamoto.jp/product/sisetsu/okusu.html
熊本県菊池郡大津町大津1220−1

096-293-1807

・参加費:ひとり800円(ご夫婦で1,200円)
・お申込み:manabinowa@aso3.org
(参加希望人数、お電話番号をご連絡ください。折り返しご連絡いたします)
・主催:いのちのまなびのわ

◆講師紹介:鈴木裕子(すずきひろこ)
栃木県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤務。小さな児童図書出版社の編集長として”奮闘中”に病を得て退職。
1995年渡英。翌年サセックス州にある「ザ・スピーチ・

スクール」(現「アルテミス」)で言語造形と演劇を学び2000年卒業。
同年エマーソン・カレッジに入学し、シュタイナー教育やストーリー・テリングを学ぶ。
2003年9月8年ぶりに帰国し、現在熊本県の大津町在住。シュタイナー教育講座や語りの公演・ワークショップ等を行う。
2013年4月より、「いのちのまなびのわ・シュタイナー教育にまなぶ土曜クラス」の講師として、1・2・3年生のための授業を毎月二回、阿蘇フォークスクールにて担当。

======================